塩見団扇株式会社

http://www.kyoto-fan.co.jp

お問合わせ

京都発、日本の夏を彩る繊細優美な技術

京うちわは「都(みやこ)うちわ」とも呼ばれ、京都の歴史に育まれながら、京都の伝統工芸品として、繊細優美を極め、高度の技術の伝承によって今日の姿をとどめています。団扇は涼をとるばかりでなく、高松塚古墳の壁画にみられるように、風や光、塵を防いだり、顔を隠したり装飾用として、中国から朝鮮を経て伝わり、奈良時代に貴族の間で用いられたのが始まりです。戦国時代には武将の軍配としても用いられました。

現代の生活に密着した工芸品を目指して

 京うちわは団扇面と把手が別に作られ、細い骨を一本づつ放射状にならべて、あとから柄をつけた「差し柄(さしえ)」の構造になっているのが大きな特徴です。柄は孟宗竹・杉・漆塗などで用意され、紙は主として美濃・土佐・越前の和紙を用います。デザインは、人物・風景・俳句・和歌をモチーフとして、描絵・版画・手染・手彫の技法を使い、それぞれの特徴を生かして、伝統に裏打ちされ、かつ現代の感覚にふさわしい美を現しています。

お手に取って風をお試しください

アクセス:京都市営地下鉄東西線 小野駅徒歩1分
営業時間:9時~18時
定休日: 日祝休み 土曜 時期により休み(お問い合わせください)
※年末年始、お盆休業有り(HPをご確認ください)

 

塩見団扇株式会社

〒607-8258 京都市山科区小野西浦24-3
TEL:075-571-7515  FAX:075-573-0013
ホームページはこちら



●伊藤常 ●トミヤマ ●なかにしや京扇 ●大西京扇堂 ●ひしだ商店 ●京扇堂 ●十松屋福井扇舗
●扇家かわこし ●舞扇堂 ●塩見団扇 ●メルクロス ●とくの ●山二 ●くまがい菁々堂
●大西常商店 ●宮脇賣扇庵 ●白竹堂 ●京扇華 ●京風庵大むら ●小丸屋住井