写真2 http://www.kyosendo.co.jp/
eメール honsha@kyosendo.co.jp
タイトル
写真1 取扱商品は飾り扇、舞扇、仕舞扇、檜扇、夏の扇、白檀扇、茶席扇、式服扇、人形用豆扇と扇子に関しては全種類を扱っています。
ご希望商品は、 京扇堂本店、東京店(東京都中央区日本橋人形町2-4-3  tel03-3669-0046)のほか名古屋市中区栄4中日タウン2階、京都駅前地下街ポ ルタ、京都河原町京都朝日会館6階の各販売店でも直接お買い求めいただくこと ができます。また、当社ホームページオンラインショップでも購入することがで きます。
平安時代より扇はそのほとんどが京都で生産されてきました。京の古い扇屋は「阿弥」の称号を名乗り、「京扇堂」も旧名は「真阿弥京扇堂」という名で、洛中の人々に親しまれてきました。現在の当主は六代目。初代は富山藩に代々仕えた武士で戦国時代には石山合戦にも加わり後、京に出て東本願寺の寺侍となりました。そして寺町通五条にあった「持阿弥」で修行し、天保三年(1832)に店を開いたのが始まりとなります。 写真2
株式会社京扇堂 京都市下京区東洞院通正面上ル筒金町46
tel.075-371-4151 fax075-371-4155
●伊藤常 ●トミヤマ ●なかにしや京扇 ●大西京扇堂 ●ひしだ商店 ●京扇堂 ●十松屋福井扇舗
●扇家かわこし ●舞扇堂 ●塩見団扇 ●メルクロス ●とくの ●山二 ●くまがい菁々堂
●大西常商店 ●宮脇賣扇庵 ●白竹堂 ●京扇華 ●京風庵大むら ●小丸屋住井