タイトル
「京扇子」「京うちわ」は京都扇子団扇商工協同組合の登録商標(地域団体商標)です。
当組合員以外は使用できません 。
京扇子・京うちわは千余年の都京都で創作されその豊かな風土と文化に育まれ、時代時代の人々の生活に密着しながら今日もなお常に新しい創意と工夫を加え、他地方では見られない繊細優美な美しさを生み出しています。
桧扇 
  京扇子
京扇子は先ず「桧扇」と呼ばれる薄い桧板を重ね綴ったものが作られました。元慶元年と記されている東寺の仏像の腕の中から発見されたものが最古の桧扇とされています。次に竹と紙で出来ている「紙扇」が作られ、時代を経て現在に見られるような形となり、宮廷の用、能、狂言、舞踊、茶、香など用途に応じ様々の京扇子が生まれました。扇子はまた、国内ばかりでなく古く13世紀頃には中国へ輸出され、インドを経て遠くヨーロッパに伝えられルイ王朝を華やかに彩りました。そして、その後日本へ逆輸入され「絹扇」を生み出しました。

京うちわ
京うちわは地紙の中に多くの竹骨をもつ朝鮮団扇の流れを汲み、団扇面と把手が別に作られ、<差し柄>の構造になっていることが大きな特徴です。京うちわは「都うちわ」とも呼ばれ、宮廷にも用いられ極めて優美な絵画が画かれてきました。又一般に普及し、招涼の用具としてばかりでなく、その優美さが人々に喜ばれています。
 
紙扇 
うちわ